私と小鳥と鈴と

こんにちは、アイ・ワークス西明石の竹島です。

あなたは「○○が出来る人って、すごいな。私なんて何もできない・・」と、周りの人と自分を比べたことはありませんか?

今回は、小学校の教科書にも載っている《金子みすゞさん》の詩をご紹介します。

『私と小鳥と鈴と』

私が両手をひろげても、
お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥は私のように、
地面(じべた)を速く走れない。

私がからだをゆすっても、
きれいな音は出ないけど、
あの鳴る鈴は私のように、
たくさんな唄は知らないよ。

鈴と、小鳥と、それから私、
みんなちがって、みんないい

この詩は、【あなたは、あなたでいいんだよ】と優しく語りかけてくれているようです。

「私と小鳥と鈴と」=「自分中心」から「鈴と、小鳥と、それから私」=「自分以外の人(物)がいて、自分がいる」に変わっていきます。

【あなたがいてくれるから、私がいる】

【違うからこそ、お互いが大切な存在。優劣なんてないよ】

自信が無くなった時に思い出してもらえれば、少しは穏やかな気持ちになれるでしょうか・・・

あわせて読みたい

2021年5月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

カテゴリー

アーカイブ

TOP