「この人に教えてもらっていればよかった」
「もっと記憶力があればよかった」
「体力があればよかった」
「いい人に巡り合えたらよかった」

こんな感じの事、考えたことないでしょうか?

昔の私はこんなことを考えていました。こんにちは。アイ・ワークス西明石 青柳です。

確かに東大の先生が家庭教師なら自分の学力は上がっていたかもしれないし
もっと記憶力があれば弁護士になれていたかもしれない
体力があればオリンピックに出られるかもしれない
いい人に巡り合えていたら、働かなくていいかもしれない

でも、そんな「かもしれない」は“ないものねだり”なんですよね。

祈った所で、わがまま言ったところで「はい、じゃあどうぞ」って手に入るものではないんですよね…

そんな世界なんてきっと探しても生きているうちは見つからないと思うんです。なので、人は誰でも、与えられたものだけで戦うしかないという事実…

私がどれだけ泣きさけぼうが、暴れようが、与えられたものは変わらないし、私を取り巻く環境も今は変わらない。時がたっても今のままでは変わることは少ないと私は感じているんです。その中で戦いぬく方法を考えるしかないんです。

話が分からなくて理解できないなら、言われたことをしたらいいんじゃないか?または、時間を無駄にしない方法を考える

記憶力がないのなら、人より沢山参考書等を読む方法もある。効率の良いメモの取り方を考える体力がないのなら少しづつ歩いたりして体力をつけたらいい

いい人に巡りあえるのなら自分をどう変えるか考える。限られた範囲の中でも、考えられることは無限にあるはず。現状に悲観して文句を言ってるだけだといつまで経っても変わらない。

そうですよね。

この世には「与えられないもの」が沢山ある。文句を言う暇や、「配慮してくれない」と嘆く時間があるのなら、その時間を使って少しでも考えよう。

文句を言うために、「配慮を絶対してもらうために」口を動かすのではなく今の現状を変えるために 頭を動かしてほしい。

だって、与えられたものは変わらない。私の環境も簡単には変わらない。だからこそ自分で変えて自分で動かないと!!

私の手で唯一変えられるのは、私の行動だけなんだから…

「週イチ通所から」その努力を就労へ!一緒に、一歩を踏み出しましょう。
無料体験・見学・相談・資料請求等は
お問合せフォーム または
0120-803-721 (月~土・祝日9~18時)まで
お気軽にご連絡ください。

アイ・ワークス西明石では、各種SNSでさまざまな情報発信をしています。ぜひ、チェックしてみてください。

 

コメントは利用できません。