こんにちは。アイ・ワークス西明石の吉岡です。

国会では「働き方改革」を推し進め、「高度プロフェッショナル制度」が強行採決されたりと、これから国民の働き方が変わって行く雰囲気を感じています。

そして、障害者の働き方も少しずつ変わりつつあります。障害者の就労といえば、「就労継続A型・B型」や私たちのような就労移行支援事業所を利用しての「一般就職」。最近では「在宅就労」といった、会社に出社せずに自宅で働くということも聞かれます。

そこで、先日、仙台のとある障害者事業所で「障害者起業家100人プロジェクト」という、障害者の起業を支援している活動をされているのに目がとまりました。内容や目的を少し紹介したいと思います。

以下引用です。

「障害があるからできない?障害があるから自分の体調に合わせた働き方をしよう。
『障害者の働き方改革』雇われない働き方で未来を切り拓く。」

その目的とは・・
「会社のペースで働けない、たくさんの人がいる事務所では辛い、通勤が苦しい、上司の指示が分からない、残業、長時間労働ができない、雇われると会社のルールで仕事をしなければなりません。みんなと同じことができない人は仕事のできない人という評価になります。

障害者は仕事ができないのでしょうか?障害のため、苦手なことはあります。しかし、出来ることもたくさんあります。苦手なとこらは、ちょっと工夫うして働く。あなたが会社に合わせるのではなく、自分に合わせた仕事をつくればよいのです。」

このように、この事業所では、「障害者の起業塾」というものを行っています。

私自身も障害がありますし、起業できる可能性がゼロとは思いません。障害者が起業できないとは、だれも言っていませんし、本人がやろうと思えば方法はいくらでもあると思います。もちろん利用者さんが起業をしたいと思うのであれば、私たち職員は、全力で応援します。

最近では、クラウドファンディングなど、事業を計画し、その事業を応援していただく方々に資金援助してもらったり、寄付金の募り方や起業をサポートしてくれる社会資源もあります。

アイ・ワークス西明石の代表の田村にも一度、聞いてみても良いかもしれませんね。もしかすると、お金の借り方を教えてくれるかも・・・(笑)


「週イチ通所から」その努力を就労へ!一緒に、一歩を踏み出しましょう。
無料体験・見学・相談・資料請求等は
お問合せフォーム または
0120-803-721 (月~土・祝日9~18時)まで
お気軽にご連絡ください。

YouTube、LINE、Facebook、Twitter公式SNSは↑こちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
コメントは利用できません。