こんにちは、アイワークス西明石の利用者のc・yです。

私にはいくつか趣味があるのですが、ひまさえあれば本を読みます。今よく読んでいるのは、「この嘘がばれないうちに」という本です。この本は、「コーヒーが冷めないうちに」の続編にあたります。

まだ読んでいる途中なので、これからどうなるのか楽しみです。

「コーヒーが冷めないうちに」は、4つの物語で構成されていて、女性目線で書かれいてます。それに対して今回読んでいるのは、男性がついた嘘が書かれた4つの物語です。

普通であれば、すべて話がつながっているのですが、この話は、全く違う4つの物語で構成されています。それに、この話を読んだときに気になったのは、喫茶店のある席に座ると、過去に戻れることです。ただ、ルールがたくさんあるので、ふつうであれば、過去に戻ろうとは思いません。

そのルールの一つが、過去に戻っても、現実を変えられないというものです。過去に戻っても現実は変わらない。そう聞いたらふつうであれば過去へ戻る意味がないでは?と思うはずです。

それでも過去へ戻るのはなぜなのか? 会いたい人がいたら、会いたい人に会いに行くのは当然という考え方ができます。なので、ルールさえ守れれば、何をやってもいいのかもしれません。

最後に、本が好きな理由を書きます。

私が本をたくさん読むようになったのは、小学生の時に出会った「パセリ伝説」という本です。この本は児童書なので、小学生の時に出会って読んだ人でないとわからないと思います。

私は大人しくて、人とあまり話さないので、大勢の中に入るのが苦手です。静かに一人でいるのが好きなこともあって、本を読むのが好きです。あと、本を読んでいると、集中しているので、いやなことを忘れられます。



「週イチ通所から」その努力を就労へ!一緒に、一歩を踏み出しましょう。
無料体験・見学・相談・資料請求等は
お問合せフォーム または
0120-803-721 (月~土・祝日9~18時)まで
お気軽にご連絡ください。

YouTube、LINE、Facebook、Twitter公式SNSは↑こちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
コメントは利用できません。