代表の田村です。2018年7月第2週のアイ・ワークス西明石での出来事をお伝えします。先週の悪天候でキャンセルになった予定もあり、今週はいろいろな出来事がありました。

9日(月)には、ホーム塩屋さんにふれあいプラザあかし西のイベントに出品する商品を買い出しに行きました。訓練の一環として利用者さんが主体になって商品の内容や数量を決めてくれました。

また、この日から新規の方1名が体験利用をはじめました。

10日(火)は、事業所の近くにあるシェア畑明石に見学に行きました。農業関係の就職を目指している利用者さんと見学をしました。利用者さんの植物知識に現地のスタッフの方も感心していました。やっぱりこの利用者さんには農業関係の仕事に就いてほしいと思います。

午後は第2回出張カウンセリングを開催しました。明石駅前にある『クリニックちえのわ』の山田先生にお越しいただき無料のカウンセリングを行いました。出張カウンセリングは見学や体験の方も無料で利用できますので、詳しくはスタッフまでお尋ねください。

また、この日も新規の見学の方も1名ありました。

11日(水)は、今週2度目のホーム塩屋さんに行きました。利用者さんの体験実習のお願いに伺いました。代表の鈴木さんから設立のきっかけや運営理念などをお聞かせいただき、大変勉強になりました。また元代表の鈴木さんのお母様にもお会いしてお話をうかがうこともできました。

夕方からナチュレ神戸さんにお伺いしました。先日の農業関係の就職を目指している利用者の新しい実習受入れのお願いに伺いました。まずは、体験させていただき、それを通じて、一般就労につながるかどうかを判断していただきます。

12日(木)は、あかし若者サポートステーションの濱本さんがサポステの利用者さんを連れて見学に来られました。あかし若者サポートステーションとは、厚生労働省認定事業として働くことに不安を抱える15歳から39歳までの若者ならだれでも利用することが出来ます。

アイ・ワークス西明石では、あかし若者サポートステーションとも緊密に連携を取りながら『みなさんの働く』をサポートします。

また、この日の午後は、アイ・ワークス西明石史上3人目の内定者さんの就職前面談に同席をしました。教育関連の企業で従業員300人を越える大きな企業です。人事部の方とお話をさせていただきました。障害にもその人の特性にも理解のある働きやすい環境だと感じて、安心して卒業生を送り出すことが出来て安心しました。

アイ・ワークス西明石では、就職活動のサポートはもちろん、入社後の定着もサポートします。

13日(金)は、1名の新規利用が決定しました。現在、18名正式利用、あと2名が申請中です。

14日(土)は、舞子海上のプロムナードに行きました。

『障害者雇用』には興味があるけど、よくわからない?という企業の経営者の方、人事担当の方。アイ・ワークス西明石がお手伝いします。お気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

「週イチ通所から」その努力を就労へ!一緒に、一歩を踏み出しましょう。
無料体験・見学・相談・資料請求等は
お問合せフォーム または
0120-803-721 (月~土・祝日9~18時)まで
お気軽にご連絡ください。

YouTube、LINE、Facebook、Twitter公式SNSは↑こちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
コメントは利用できません。