代表の田村です。

インターネットで様々な情報を得ることが出来る現代社会、障害についてもさまざまな情報がネット上にはあふれています。

娘の障害が分かった時に、ネットを調べつくしました。そこには、嘘かほんとかわからないような情報も多く見られました。

2016年に起きた DeNAの傘下にある健康・医療系キュレーション(まとめ)サイト「WELQ問題」を覚えている方も多いと思います。プロ野球球団を持つような大企業が運営しているサイトが不正確な医療情報を掲載しているなんで!当時は、本当に驚きました。

それから時がたって、実は、2017年末にGoogleが「医療や健康」に関する検索結果の改善を目的としたアップデートを実施していたんです。

それ以来、グーグル検索の医療情報も不正確なものは大幅に減りました。ただし「すべてが解決されたわけではない」と専門家は言っています。やはり、その情報は誰が発信しているか?2つ以上の情報源から調べてみたか?など、自分自身で調べることも重要です。

国の機関が運営する信頼できる精神障害に関する情報サイトを紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

厚生労働省「働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト『こころの耳』」
http://kokoro.mhlw.go.jp/

厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト・e-ヘルスネット > 情報提供 > 休養・こころの健康
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart

厚生労働省『みんなのメンタルヘルス総合サイト』
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/about/index.html

国立障害者リハビリテーションセンター所管・発達障害情報・支援センター
http://www.rehab.go.jp/ddis/


「週イチ通所から」その努力を就労へ!一緒に、一歩を踏み出しましょう。
無料体験・見学・相談・資料請求等は
お問合せフォーム または
0120-803-721 (月~土・祝日9~18時)まで
お気軽にご連絡ください。

YouTube、LINE、Facebook、Twitter公式SNSは↑こちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
コメントは利用できません。