• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

代表の田村です。

そんな、英語が全く話せない僕がアメリカで何をしていたかといえば、大きな声では言えませんが、じつはゴルフしかしていませんでした。

休みの日の週1ラウンドはもちろん、週3で仕事終わりに近くのゴルフ場で、パターとアプローチ練習も欠かしませんでした。当時から、ラウンド後のゴルフブログの更新も欠かしませんでした。

カリフォルニアのゴルフ環境は日本とはまったく違いました。

カリフォルニアのゴルフ練習場というのは、基本的にゴルフ場に併設されています。日本のような練習レンジだけがある練習場というのはほとんどありません。カリフォルニアでは自動ティーアップ機も見たことはありません。

英語の話せない僕は、もちろん電話では予約できないので(笑)、ラウンド予約はすべてネットでしました。自宅の周りにもたくさんのゴルフ場がありましたが、安いゴルフ場を探して自宅から1時間ほどのゴルフ場に行くことも多かったです。

そうした田舎のゴルフ場では、なんと1人でラウンドすることも多かったです。そんな1人ラウンドの時には、絶好の練習のチャンスでした。

大きな声では言えませんが、1人ラウンドで前後の組が空いている時は、ラウンド中にバンカー練習をしたり、グリーンまで残り100ヤードの地点から、何度もアプローチ練習を繰り返しました。

そんなマル秘特訓のおかげで、渡米前はベストスコアは100を切ることがありませんでしたが、駐在中の3年間でベストスコア83まで成長することができました。

当時のブックオフの上司には絶対に内緒ですが(笑)、駐在中の3年間で、英語力と仕事力は全く成長しませんでしたが、ゴルフ力だけは大きく成長することができました。(*^^)v

 

「週イチ通所から」その努力を就労へ!
一緒に、一歩を踏み出しましょう。
無料体験・見学・相談・資料請求等は
お問合せフォーム または
078-600-2717 (平日10~17時)まで
お気軽にご連絡ください。


 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。