侍のとんち

こんにちは。週一から通所OK♪アイ・ワークスの金野です。

本日はこんな小噺を紹介。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

時は安土・桃山時代。曽呂利新左衛門という人がいました。

豊臣秀吉は「おれに将棋に勝てば褒美として何でもやる」と言いました。曽呂利新左衛門は見事勝利しました。

そして、曽呂利新左衛門の依頼した褒美は「一日目に米粒を一粒。二日目にはその倍の二粒。三日目にはその倍の四粒、四日目にはその倍の八粒。それを三十日間欲しい」

最初の数字はたいしたことありませんから、秀吉は「そんな程度でいいのか」と承諾しますが、途中から大変なことになっていきます。

今は電卓があるので計算してください。

10日目:512粒

20日目:524,288粒

30日目:536,870,912粒

お茶碗一杯のお米の数は約3,200粒

約167,77杯=1日3食で55924日=4660年も食べ続けることができます。

びっくり!

米も積もれば山となる。

すこしずつ努力すること

そして、この発想を仕事につかえないかなと思う今日この頃でした。

( *`艸´)ウシシシ

「週イチ通所から」その努力を就労へ!一緒に、一歩を踏み出しましょう。
無料体験・見学・相談・資料請求等は

お問合せフォーム(24時間受付) または

西明石 :0120-803-721
神戸三宮:0120-937-347

(月~土・祝日9:30~17:30)

まで お気軽にご連絡ください。

アイ・ワークスでは、各種SNSでさまざまな情報発信をしています。
ぜひ、チェックしてみてください。

あわせて読みたい

2022年1月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

カテゴリー

アーカイブ

TOP