代表の田村です。先日、あるインタビューを受けて、事業所の開設のいきさつなどの話をしていて、当時のことを思い出したので、約1年ぶりのアイ・ワークス西明石 開所までの道のり その3をお送りしたいと思います。

アイ・ワークス西明石 開所までの道のり その2でようやく妻の説得にも成功し、本部運営のリバーサルの見学も済ませて、法人を設立するところまで書きました。

当時、根拠のない自信だけがありましたが、本当に何の根拠もない自信でした。それから、こんなに苦労するとは想像すらできませんでした。

2017年に入ってすぐに、人探し、物件探し、お金探し(笑)をはじめました。

まずは、人探しです。人探しは思いのほか順調に進みました。本部からも『就労移行は福祉業界の中でも夜勤も力仕事もないので、人が集まりやすい。』とは聞いてはいました。

その当時、今ほど有名でなかったインディードの無料掲載で募集をしたところ、開業前で事務所もないので、レンタルオフィスでの面接するしかなかったにもかかわらず20名ほどの面接をすることが出来ました。

ちなみに、2017年1月に行った1人目の面接は現在の職員、吉岡でした。その後も2名の職員も順調に決まりました。そして、その人が採用できなければ事業所をオープンすることが出来ない最も重要な【サービス管理責任者】もなんと、無料のインディードで採用することが出来てしまいました。

この時点で、採用にかかったコストはレンタルオフィス代だけでした。費用対効果のかなり高い採用活動ができました。

ここまで、怖いくらい順調に行っていましたが、やはり好事魔多しです。この後とんでもないトラブルが発生してしまいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
コメントは利用できません。