代表の田村です。先週、一般財団法人ひょうご若者自立支援センターの王さんに「就労のための心得」について講演をしていただきました。

企業が求める人材とはどんな人か?『企業が求める人材とは、将来的に企業にとってプラスになる素質を感じられる人材』だと教えていただきました。

これは僕も常々利用者さんにお話している内容です。障害者枠の雇用であっても企業の利益に貢献できない人は企業にとって必要な人財ではありません。

企業が求める能力とは?(1)コミュニケーション力(2)行動力(3)積極性(4)問題解決能力(5)協調性(6)誠実さ(7)継続力だと教えていただきました。

様々な能力を企業には求められますが、その中でも僕がいつも利用者さんにお話しするのは(4)問題解決能力の重要性です。

僕も自社のスタッフ採用の面接では、必ず失敗の経験を聞くようにしています。失敗の経験すなわち、問題が起こった時にそれをどのように解決しようとする人なのかを判断するために質問します。

問題を解決できた結果も大切ですが、どのように解決しようとしたか?過程を重要視しています。

最後に、求められる人材になるために『求められる人材像を理解する』『人材としての価値を磨く』『企業に対して自分は魅力ある人材というアピールする』というポイントをアドバイスしていただきました。

人材になる為に必要な今日から実践できるチェックリストがWEB上にあるので、みなさんもぜひ、チェックしてみてください。


「週イチ通所から」その努力を就労へ!一緒に、一歩を踏み出しましょう。
無料体験・見学・相談・資料請求等は
お問合せフォーム または
0120-803-721 (月~土・祝日9~18時)まで
お気軽にご連絡ください。

YouTube、LINE、Facebook、Twitter公式SNSは↑こちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
コメントは利用できません。