代表の田村です。今日はアイ・ワークス西明石で体験できる!就労支援オンライン学習プログラム『knowbe(ノウビー)』をご紹介します。

これまで就労移行支援事業所での就労訓練は、紙のテキストを使う訓練がメインに行われてきました。利用者の方・職員、双方に進捗が分かりにくいのが課題でした。そんな課題を解決するべく、このたび、アイ・ワークス西明では、最先端のオンラインによる訓練システム『knowbe(ノウビー)』を導入しました。

『knowbe(ノウビー)』の導入により一人ひとりの習熟度に応じたプラグラムを選択できるようになり、より効果的な訓練が可能となりました。

■『knowbe(ノウビー)』とは?

今回アイ・ワークス西明石で導入したのは、リクルートホールディングスが主催する新規事業創出プログラム、RECRUIT VENTURESを通じて起案された、障害のある方が施設に通いながら学べる就労支援オンライン学習プログラムです。

■『knowbe(ノウビー)』の開発の背景とは?

障害のある方の就職を支援する就労支援施設への入所希望者は、近年、増加傾向にあり、障害のある方自身の就労意欲も上昇傾向にあります。

その一方、就労支援施設に通う利用者の方からは「将来的に就労したいが、就労に向けて何をしたら良いか分からない、自信がない」という声が多く寄せられています。

また、多くの就労支援施設においても、職員の方のバックグラウンドや経験値も様々な中、就労に向けた学習ノウハウを獲得する難しさ、一人ひとりの習熟度に応じた教えわけの対応負荷が非常に大きな課題でした。

これらの課題を解決すべく、施設に通いながら学べる就労支援オンライン学習プログラム『knowbe(ノウビー)』が開発されました。

■knowbeの特長

事業所のパソコンのオンライン上で学習するので、テキストは不要です。一人ひとりのペースに合わせて学べるので、利用者の方・職員、双方に進捗が分かりフィードバックが生ます。

そのため、利用者の方は「通所しながら無理なく継続的に学べ」「少しずつ成功体験を重ねることで自信や活動意欲につながる」点が特長です。 もちろん分からないことがあればスタッフがサポートします。

また、職員の対応負荷が減り本来の支援業務に注力できるので、「利用者の方の就労・通所意欲を高める」ことが出来ます。

『knowbe(ノウビー)』は、パソコンの技術だけでなく、ビジネスマナーもオンラインで学習できます。

■開発元・リクルートとの連携

『knowbe(ノウビー)』で訓練できる内容は日々増えています。アイ・ワークス西明石と開発元・リクルートが連携して、利用者の方の要望を『knowbe(ノウビー)』開発者に直接伝えてることができるので、『knowbe(ノウビー)』はより使いやすく、より効果的な訓練システムへと日々進化し続けています。

『knowbe(ノウビー)』ってどんなシステムなの?とご興味のある方はぜひ、アイ・ワークス西明石で実際に体験してみてください。


「週イチ通所から」その努力を就労へ!一緒に、一歩を踏み出しましょう。
無料体験・見学・相談・資料請求等は
お問合せフォーム または
0120-803-721 (月~土・祝日9~18時)まで
お気軽にご連絡ください。

YouTube、LINE、Facebook、Twitter公式SNSは↑こちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
コメントは利用できません。