• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

代表の田村です。

就労移行支援事業所で働く職員にはそれぞれの役割があります。就労支援員、職業支援員、生活支援員、サービス管理責任者と主に4種類の職種があります。

今回は、名称の違うそれぞれ職員の役割をご紹介します。

就労支援員の役割

就労支援員は、利用者さんと就労先の企業をつなぐことが主な役割です。就労に向けてハローワークやその他の関係機関との連絡や調整をおこないます。職場体験や面接などにも利用者さんと同行を行うこともあります。就職した後の職場定着のフォローも就労支援員が行います。

職業支援員の役割

職業支援員は、利用者さんが就労に必要なさまざまなビジネススキルを身に付けるための技術指導を主に事業所で行います。また利用者さんに合った仕事や、出来る仕事、希望する仕事などを見極めるのも主な職業支援員の役割です。

生活支援員の役割

生活支援員の役割は、利用者さんの中には、生活習慣が乱れている方もいらっしゃいます。そんな方に就労に向けきちんとした生活習慣が身に着くようにアドバイスを行います。また生活やその他様々な不安や悩みの相談も受け付けるのも生活支援員の重要な役割です。

サービス管理責任者の役割

そして、それぞれの職員をまとめてチームとして連携をさせるのが、サービス管理責任者です。『サビ管』と呼ばれています。サビ管は、事業所内のまとめ役だけでなく、ハローワークや支援学校等の公的機関、医療機関や利用者さんのご家族、その他各種関係機関との連絡調整も重要なサビ管の役割です。

アイ・ワークス西明石では、年齢や経験が違った個性豊かなスタッフが、それぞれの利用者さんごとに違った個別支援をスタッフ同士で連携しながら行っています。

アイ・ワークス西明石ってどんなところ?と少しでも興味がある方は、お気軽にアイ・ワークス西明石(0120-803-721)までお問い合わせください♪ お待ちしております。

「週イチ通所から」その努力を就労へ!一緒に、一歩を踏み出しましょう。
無料体験・見学・相談・資料請求等は
お問合せフォーム または
0120-803-721 (月~土・祝日9~18時)まで
お気軽にご連絡ください。

YouTube、LINE、Facebook、Twitter公式SNSは↑こちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。