こんにちは!サビ管の藤澤です。働く為に必ず求められるものって何でしょう?人より秀でた能力や資格、もしくは経験・・それがないと働くことはできませんか?いいえ決してそうではないと思います。

たとえ自分が望む額の給料を得ることができないとしても、それぞれの技能や能力、経験に応じた就労先を見つけることは可能だと思います。

しかしそれでも、最低限求められる能力はあると思います。それは決められた日、約束の時間に遅刻することなく就労場所に行くこと。また、無断欠勤や就労中に勝手に休まないこと。(居眠りや長時間の退席等)

大方の会社は決まった時間に出社し、仕事を終えて帰宅するという繰り返しの日々を長期間求められます。簡単そうに見えて実はこれが意外に難しく、体調管理と生活のリズムを整え続けるという二つの能力は一朝一夕に身に付くわけではありません。

しかし、どんなに頑張っても朝が起きられない人がいます。また気を付けていても、つい大切な場面で居眠りをしてしまう人もいます。昔は本人のやる気の問題だとか、怠けているだけだと考えられがちでした。

本人に対しても、そう決めつけて頭ごなしに叱責したり、無責任だと仕事を取り上げたりするような職場もあったようです。これにより、自身も「自分は駄目人間だ。」と全てにおいて自信を無くし落ち込み、さらに働く意欲を無くしてしまう。最悪の場合、家から出て人に会うことにさえ恐怖を感じるようになります。

こういった悩みのある方は、一度医療機関にご相談されることをお勧めします。多くの精神疾患をお持ちの方に、共通している困りごとのように見受けられます。

すでに通院中の方も、診察時になんとなく不安であるとか、しんどいとか、漠然と症状を先生に伝えるのではなく、出来ればメモ書きして具体的に朝どうしても起きられなくて、○○時の出社に遅刻をしてしまう・・・だとか、就労先で昼食後の大事な時に寝てしまう等、自分が本当に困っていることを主治医に詳細にお伝えするのです。

現在の服薬状況に応じて、薬の増減や服薬の時間帯等のアドバイスをいただくことも、改善方法の一つであると考えます。自分の置かれている状況を出来るだけ正確に主治医に伝えることが、解決の糸口になるはずです。

とは言うものの、就職にあたり今の自分に必要なものが何なのかを、御自身一人だけで見付けることは、とても難しいことだと思います。そこで就労移行支援を使って、あなたが働く為に必要なものが何かを見付けるという方法があります。また就職はしたらそれで終わりではなく、就労継続に向けての支援が更に大切なことだということを知って頂きたいと思います。

「週イチ通所から」その努力を就労へ!一緒に、一歩を踏み出しましょう。
無料体験・見学・相談・資料請求等は
お問合せフォーム または
0120-803-721 (月~土・祝日9~18時)まで
お気軽にご連絡ください。

アイ・ワークス西明石では、各種SNSでさまざまな情報発信をしています。ぜひ、チェックしてみてください。

コメントは利用できません。