はじめまして、全然若くない新入社員の藤澤です。4月1日に入社しました。よろしくお願いします。毎日、六甲道から西明石まで海を見ながら楽しく通勤しています。

前職は神戸市社会福祉協議会のあんしんサポートセンターでした。そこでは認知症や障がい者の方々の、日常の金銭管理を支援するお仕事をしていました。その前は、精神病院の長期入院者の方への退院支援のお仕事でした。

そして、そのもう少し前は、区役所の市民課で戸籍謄本・住民票の発行や印鑑登録の窓口業務も経験しました。そう言えば、市営住宅の募集係でパンフレットの作成や抽選、入居する方の資格審査をしていたこともありましたよ。

さて今回のお仕事はというと、サービス管理責任者という仕事です。通称サビ管と呼ばれています。これは何者?就労移行に、どんな役に立つのと思われる方もいるでしょう。そこで、私なりの理想のサビ管像をお話したいと思います。

就労移行支援事業所には、概ねそれぞれ役割の異なる支援があり職員がいます。

・就労準備に向けて利用者の生活を整えるよう支援する。
・就労準備に向けて利用者の能力を高めるよう支援する。
・実際に利用者の就職活動を支援する。(就職後の定着を支援する。)

これらの支援を進める上で、利用者が今抱えている課題を整理すること。また、本人中心支援を意識した上で、目的達成へのニーズを探る。課題とニーズを各支援者に伝え、最適なサービスを提供する。これがサビ管の役割であると考えています。

此の為に私は、利用者に関わる全ての関係者のお力を借りたいと思っています。ご家族はもちろんですが、医療機関、各地域で社会資源とされる支援者の方々。それぞれが利用者を大切に思い、心配し、応援している一つのチームであり、本人をよく知る各分野のプロの方々です。

一つとして尊重しなくていい無駄な意見はないと考えます。しかし、最も尊重されるべきは、本人の意思です。本人の表現が難しいような隠れた意思にも、丁寧に耳を傾ける努力を忘れることのないサビ管になりたいと思っています。そして、誰もが気軽に相談していただけるサビ管になれたら嬉しいです。

「週イチ通所から」その努力を就労へ!一緒に、一歩を踏み出しましょう。
無料体験・見学・相談・資料請求等は
お問合せフォーム または
0120-803-721 (月~土・祝日9~18時)まで
お気軽にご連絡ください。

アイ・ワークス西明石では、各種SNSでさまざまな情報発信をしています。ぜひ、チェックしてみてください。

 

コメントは利用できません。