• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

アイ・ワークス西明石の佐伯です。

ビジネスマナーで、無難な色や形のトートバッグで仕事をするのはありなのか?
なしなのか?
通勤だけでも、トートバッグやリュックはNGなの・・・

若いサラリーマンの間で、こんな話題がネット上で話題に上がってます。

結論から言うと、NPO法人「日本サービスマナー協会」のマナー講師の見解は次の通りです。

まず、ビジネスシーンで求められる鞄の要素は、身だしなみとして相手に不快感を与えないもの、書類の保管力・保存力の2つらしいです。

このことから最も理想とされるのは、黒など落ち着いた色で自立できる(マチがあって倒れない)、取り出し口にファスナーの付いた鞄でらしいです。

そもそも、トートバッグには入口部分にファスナーがないの物が多く、濡れてしまったり落としてしまったり、場合によっては盗まれてしまう可能性があるため、ふさわしくないということです。

なるほど!!!

近年、ビジネスファッションも多様化しつつありますが、肩掛け鞄やリュックも同様カジュアルな場面で使われることが多いためフォーマルではないという見解です。

あくまで大事なのは、相手に与える印象が身だしなみですとマナー講師は話されています。

私たち、就労移行でもビジネスマナーも支援することがあるかと思います。

私の見解は、就活用に印象が良い鞄を一つ持っておけば便利だと思います。
しかし、働き出してからは書類の保管力・保存力といった機能あり無難な形や色であれば、そこまで杓子定規のなる必要はないと思います。

鞄の色や形で仕事の能力が決まる分けではないですが、使う側がビジネスのPPOに上手く合わせられればいいと思う。

例えば、初めてお会いする方だと最初の印象ってもの凄く大切なのでビジネス用で、通勤などで使うものに関してはカジュアル的になってもいいと私は思います。

だって、カバンが仕事をするわけではないですから!

ただ、やはり相手に与える印象が「身だしなみ」、すなわちビジネスマナーであることだけはぶれずに利用者さんに伝えていきたいです。

「週イチ通所から」その努力を就労へ!一緒に、一歩を踏み出しましょう。
無料体験・見学・相談・資料請求等は
お問合せフォーム または
078-600-2717 (平日10~17時)まで
お気軽にご連絡ください。

友だち追加アイ・ワークス西明石 公式LINEページからも気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。