• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

施設長の佐伯です。

私が、プロのドライバーとして働いていた会社が、小泉内閣の規制緩和により業務悪化してきた時の話です。

この会社は、官公庁のファミリー企業的な位置づけで官公庁OBの方々の天下り先企業の一つでした。

規制緩和がおこなわれるまでは、その会社の独占入札のようなものでしたが、そうはいかなくなると毎年が勝負です。官公庁の入札は一斉に3月末日に行われるため、もし入札失敗すれば明日から仕事がなくなるわけです。

そうなると、社員は極端にやる気をなくしていきます。ありえない事故や、職員間のトラブル・お借りしている車両の手入れすらしないためお客様からのクレームも段々と増えてきました。残業も減り、休日出勤もなくなり給与や賞与もどんどん下がっていき、職員の出入りも激しくなっていきました。

しかし、運が良いというか大型二種を持っているため私は仕事に溢れることがなく大きな減給もありませんでした。仕事が減ったため、暇を持て余しており大した理由もなくただ折角ドライバーの仕事に携わっているのだからというだけで他の種類の免許証を取り運転出来たらと思い、けん引と大特の免許証を取りました。

なんと、そのおかげで普通では携われない仕事が出来ました。一台数億円もする車両で道路の空洞を探査する仕事や、サラブレッドを運んだり、拘置所から裁判所へ護送するバス、工事現場で使用する重機運送などなど。更に、どんどんリストラが進むなかでもなんとか仕事がありました。

結局は、この事業所が閉鎖され仕事がなくなりましたが、その数年間があったから今の私がありこうしてアイ・ワークス西明石で働いていられるような気がします。

「週イチ通所から」その努力を就労へ!
一緒に、一歩を踏み出しましょう。
無料体験・見学・相談・資料請求等は
お問合せフォーム または
078-600-2717 (平日10~17時)まで
お気軽にご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。